Blog

ヤーミンチーパオのシルクロード

夫婦で旅したシルクロード19ヶ国・10ヶ月の旅行記です。そこで出会った人々は豊かな心とキラキラした瞳を持って生きていました。

ヤーミンチーパオの毎日が夢旅

日々の生活もまた旅なのです。小豆島でのゲストハウスオープンを目指してがんばっています。【たまに更新中】

新しい故郷 小豆島へ!
つながりを大切にした暮らしを! 小豆島が呼んでいる!

僕たちは、旅が好きでたくさんの国に行きました。その旅の中で、モノの豊かさや便利さはなくても、人とのつながりを大切にして、ずっと豊かな心とずっときれいな瞳を持って生きている人たちとたくさん出会いました。僕たちも本当の豊かさを考えながら、それを子どもたちに伝えながら、いつも笑顔で生きていきたいと思いました。
瀬戸内海が好き、オリーブの葉の緑が好き、島が好き、そんな僕たちにぴったりな小豆島。移住は直感で決めました。「島が呼んでいる!」そんな感じです。
僕たちは、ゆっくりのんびりボチボチ派だけど、いつも前を向いて、前進しながら、立ち止まりながら、時には後退もしながら、それでいいんだと思いながら、地に足をつけて、自然と人、人と人とのつながりを大切に、小豆島の人々や歴史や文化や風土に感謝して暮らしていきたいと思っています。

瀬戸内や小豆島に魅力を感じて移住したいと思っても縁もユカリもなければなかなか難しい。
「小豆島に移住したいけど友だちも知り合いもいない。どうしよう?」
こんな風に思って立ち止まっている方はいませんか?
僕たちは仕事や家を紹介することはできませんが、島の人との「つながり」を作ってあげることならできるかもしれません。小豆島に移住を希望されている方で「つながり」を大切にしたいと思っている方、是非一度ご連絡ください。楽しく愉快な島の人たちを紹介しますよ。お気軽にどうぞ~
島と旅人がつながるゲストハウスプロジェクト 旅に行く代わりに、旅に来てもらおう!

旅好きの僕たちが、旅先で一番楽しみにしているのが、そこに暮らす人たちとのふれあい
です。子どもができて気軽に旅に行くことは難しくなりました。でも、それなら代わりに「旅に来て
もらおう!」。それがゲストハウスをしたいと思ったきっかけです。
人が来てくれるのが好き、あちこちの話を聞くのが好き、そんな僕たちが生涯の夢として考えているのが小豆島でのゲストハウスです。いつかゲストハウスをオープンさせて、旅人と島の人がふれあうことで、旅人も島も元気になってくれたらうれしいです。

【日本の簡易宿所型ゲストハウス】
ユースホステルのように1泊単位で宿泊できるバックパッカー向けの宿をゲストハウスと称しています。
「リビングなどの共同場所で他の旅行者と交流が出来る」、「キッチン、トイレ、シャワールームなど共同で使用」、「ドミトリー(相部屋)がある」などが特徴です。
日本では、北海道、関西地方(特に京都府)、沖縄県で特に多くのゲストハウスが見られます。

日本で「ゲストハウス」という言葉はあまり浸透していません。旅好きな人以外にはイメージしにくいかもしれませんが、僕たちは「民宿」ではなく「ゲストハウス」を立ち上げたいと思っています。

旅好きの僕たちが目指す理想の小さなゲストハウス

宿泊に留まらないコミュニケーションの場
 ・普段から地域の人たち(子どもからお年寄りまで)が気軽に集うことができる場所にすること。
 ・島外や海外の旅人と地域の人が自然にふれ合うことができる場所にすること。
 ・島外や海外の旅人に島の暮らしや自然を知ってもらう場所にすること。
 ・旅人がゆったりのんびり過ごすことができる場所にすること。
 ・地域の人たちと共に地域および小豆島を元気にすること。
 ・僕たち自身が常に元気でポジティブに毎日を楽しむこと。
理想のゲストハウスというか、そのまま「理想の暮らし」といえるかもしれません。

旅人と地域の人とのふれ合いの中から、新たな価値観やアイデアが生まれて、それを実現することで、どんどん楽しく幸せな未来に向かっていければ、地域も小豆島も香川も元気になっていく気がします。

5年後、10年後、もしかしたらもっと先。いつになるかは分かりませんが小豆島で素敵な「ゲストハウス」を立ち上げます。そのために、まずは島での生活をスタートさせて、どっぷり地域につかり、しっかり根を張るところから始めようと思います。

フューチャーセンターin小豆島 大好きな小豆島をもっともっと元気にしたい!

フューチャーセンターとは『多様』な人たちが集まり、利害関係を無視して同じ目線で対話を重ねることで、中長期的な課題解決のための「きっかけづくり」や「新たな価値観の創出」を行うことです。
フューチャーセンターin四国というイベントに参加したことがきっかけとなり、小豆島で是非実現したいと考えるようになりました。多様というのは、若者からお年寄り、職種も様々、企業もいれば行政、NPOもいる、そんな人たちが集まって、小豆島の未来について対話すれば、すばらしいアイデアが出てくると思います。そのアイデアを実施することも、いろんな人が協力すれば可能だと思います。
いろんな人たちと共に「大好きな小豆島をもっともっと元気にしたい!」という想いでフューチャーセンターin小豆島を立ち上げて、ずっと続けていきたいと思います。

「ゲストハウスプロジェクト」も「フューチャーセンターin小豆島」もすぐに実現できることではありません。まずは、島の一員になり、島のため、島の人たちのため、自分たちのために、日々の生活を大切にしながら、生涯の夢として少しずつ実現していきたいと考えています。息子や娘や島の若者たちが将来都会に出ていったとしてもいつか帰ってきたいと思えるような場所(家族、家、ゲストハウス、島、そういったもの)にしたいと思っています。
top of page